【七ツ森古墳群】約20万本の彼岸花!阿蘇市から約30分の秋の観光名所|大分・竹田市

七ツ森古墳群

古墳との珍しいコラボを楽しめる彼岸花の名所、七ツ森古墳群。

  • 阿蘇市から車で約30分!
  • 約20万本が600坪の広さに群生!
  • 見頃:9月中旬(夕暮れ時)
  • 入場無料!駐車場・トイレあり

彼岸花って色は派手だし、名前からしても、なんとなく暗いイメージ・・・

ここ、七ツ森古墳群に来たら、彼岸花を見る目が180度変わります。

見頃の時はさすがに人も車も多いですが、ここは必見の価値あり!です。

この記事では、七ツ森古墳群についてご紹介します。

ちぃ

はじめまして。阿蘇在住、
林業ときどき農業主婦の
阿蘇大好きライターの ちぃ です!

七ツ森古墳群について

よみかた:ななつもりこふんぐん

まず、七ツ森古墳群の場所と行き方からご紹介!

七ツ森古墳群へのアクセスと駐車場

七ツ森古墳群の場所

七ツ森古墳群の場所は、国道57号線沿い。

「七ツ森古墳入口」という交差点から曲がります。

熊本ICから約1時間20分。
道の駅すごうから約3分。
JR 豊後荻駅から車で約10分。

七ツ森古墳群の駐車場

駐車場は20〜30台ほど停められますが、花が見頃の時は混み合います。

駐車場の奥にはちゃんとトイレもあります。

では、早速、彼岸花を見にレッツゴー!

圧巻の約20万本!群生する野生の彼岸花

七ツ森古墳群の彼岸花

毎年9月中旬に見頃を迎える、七ツ森古墳群の彼岸花。

端っこは手入れされている部分もあるものの、ほとんどが野生。

徐々に増え広がって、野生の彼岸花の群生地となったそうです。

実はここ、約600坪と、意外と狭い・・・

ちぃ

600坪は、
大体25mプール6個分の広さ!

広くないからこそ、約20万本がひしめき合って咲く姿は、まるで一面の赤いじゅうたん。

まさに圧巻の景色です。

七ツ森古墳群の彼岸花

古墳のまわりは木陰なので、浮かび上がる彼岸花がとても幻想的。

花の色はギラギラした赤ではなく、”真紅しんく
”。

よくある”田んぼと彼岸花”とは、全く違う美しさです。

MEMO

七ツ森古墳群は、名前の通り7基の古墳があったそうですが、今あるのは円墳2基、前方後円墳2基の計4基のみ。1959年5月13日に国の史跡に指定されています。

蛇足ですが、ここの彼岸花の風景が、映画「22才の別れ」に使われていたことで、七ツ森古墳群はさらに有名になったそうです。

おすすめは夕暮れ時!輝く彼岸花が見事

七ツ森古墳群の彼岸花

彼岸花(特に赤⁈)夕陽に照らされると、全く表情が変わります。

淡い光だと、冷光れいこうを放つようにぼんやりと浮かび上がりますし、

強い光が当たると、この記事のトップ写真のように、キラキラと蛍光色で輝きます。

七ツ森古墳群の彼岸花

影の部分と光が当たる部分のコントラストがくっきりしていて、印象的な写真が撮れます。

と、まぁ、ここまでは一眼レフで撮った写真ですが、

実は、彼岸花の撮影は、スマホでも十分楽しめます♪

スマホのカメラでもこれだけ撮れます!

七ツ森古墳群の彼岸花と夕陽

我ながらびっくりしたのですが、こんなダイナミックな写真が撮れていました!

使用したは、iPhone11。

七ツ森古墳群の彼岸花と夕焼け

こんな感じ、下から広角で撮ってみたり・・・

ぜひお手持ちのスマホで”える”写真を撮ってみてくださいね♪

まとめ

七ツ森古墳群の彼岸花と夕焼け

彼岸花と古墳のコラボを楽しめる、大分県竹田市の七ツ森古墳群。

約600坪(25mプール6個分)ほどの土地に、約20万本が群生する様子は圧巻です。

ちぃ

夕陽で輝く彼岸花は
とっても幻想的!

阿蘇市中心部からも車で約30分と近いし、入場無料。

彼岸花を見る目が変わること間違いなしです。

9月中旬の夕暮れ時に、ぜひ一度ご観覧ください♪

MEMO

実は、七ツ森古墳群は、8月もおすすめ。

同じヒガンバナ科、オレンジ色の百合、”キツネノカミソリ”がきれいです!

七ツ森古墳群
住所 大分県竹田市菅生戸上370-2
TEL 0974-63-4807
(竹田市商工観光課)
営業時間 24時間無休
入場料 無料
駐車場 約20〜30台
トイレ あり
WEB たけ旅(竹田市観光ツーリズム協会)

この記事の内容は2021年9月時点の情報(花の写真は2020年のもの)になります。

あくまでも個人の感想ですので、ご参考までに。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。