【Cafe Tien Tien】阿蘇のおしゃれカフェといえば旧女学校跡のここ”ティアンティアン”。

カフェ ティアンティアン ランチ

こんにちは。阿蘇大好きライターの、ちぃ です。

今日は、旧女学校跡地のアンティークな

カフェ Tien Tienてぃあんてぃあん に行ってきました。

阿蘇のおしゃれスポットとして、女子やマダムに人気のカフェ。

この記事では Cafe Tien Tienてぃあんてぃあん についてご紹介します。

Cafe Tien Tien とは?

お店の様子

旧女学校跡地は、あちらこちらで阿蘇の湧水が湧き出ている、自然に囲まれたエリアです。

活気ある阿蘇神社の近くとは思えない、静かでノスタルジックな空間はタイムスリップしたかのよう。

外観

旧女学校跡 ティアンティアン

旧洋裁女学校の、築100年以上の木造校舎。

この古い校舎が、カフェ Tien Tien です。

外には、テーブル席が3つ。

旧女学校跡 ティアンティアン

とてもおしゃれなCafe Tien Tien の入り口。

カフェ tien tien

ロゴひとつとっても、フォトジェニック。

旧女学校とは?
1902年(明治35年)に開校した阿蘇で初めての女学校「私立宮地裁縫女学院」。

閉校1977年までに通った生徒は5000人以上。

豊肥本線が開通した1928年(昭和3年)まで、険しい山道を片道2時間以上かけて通学していた生徒もいたというから、驚き。

昭和12年から52年まで、実際に使われたまなカフェ Tien Tien です。

早速、お店の中に入ってみましょう。

店内

ティアンティアンの店内

白壁に白天井に、意外に明るい素敵な店内。

カフェ ティアンティアン

壁一面の窓から差し込む優しい自然光に、落ち着きのあるレトロな家具や雑貨がとても映えます。

cafe tien tien カフェ ティアン ティアン

カフェ Tien Tien は、フランスにおられたオーナーさんが手がけたお店で、あちこちに散りばめられたアンティークなフランス雑貨が、とてもおしゃれです。

ランチメニュー(11:30-14:30)

ランチメニューは、2種類。

ティアンティアンのランチメニュー

・赤牛のグリル 〜サラダボウル仕立て〜 2,000円

季節のスープ・デザート・コーヒーか紅茶(hot・ice)付き

・赤牛の粗挽ミンチカレー 〜旬のスチームお野菜添え〜 1,800円

季節のスープ・サラダ・デザート・コーヒーか紅茶(hot・ice)付き

※ 税別価格

※ 2021.3.1時点

異国情緒あふれる店内ですが、ランチは意外と「和」というか、家庭的な雰囲気で和みます。

Tien Tien のお料理はすべて、食材や調味料にこだわった手作り。

赤牛に、阿蘇のお米に、地元で採れた季節のお野菜に、阿蘇のものがたっぷり使われています。

ケーキセットは、ランチタイムでも注文OK。

カフェ ティアンティアンのランチ

阿蘇のお水も、こんなおしゃれなグラス&ピッチャーだと、絵になります。

赤牛のグリル 〜サラダボウル仕立て〜

店内はスパイスカレーのいい香りで、赤牛のカレーと迷いましたが、今日は「赤牛のグリル」を注文。

ティアンティアン 季節のスープ

本日の季節のスープは、パンプキン。

かぼちゃそのままのシンプルな味なのに、なぜか濃厚でクリーミー。

女学校跡 TIEN TIEN ランチ

メインの、赤牛のグリル 〜サラダボウル仕立て〜。

ちぃ

わぁ、とってもカラフル。
お野菜も生き生き!

赤牛とお野菜の丼スタイルがTien Tien のブランドカラー、黒の器によく映えます。

紅芯大根、レタス、クレソン、菜の花などの季節のお野菜に、きのこ、半熟たまご、そして赤牛のグリル…

こんなに生野菜たっぷりの丼って、珍しいかも。

下には、特製バター醤油がしみしみのご飯。

大粒でもちもちふっくらな阿蘇のお米、ミルキークィーンが使われています。

きれいに盛り付けてあって、崩すのがもったいないですが、豪快にかき混ぜていただきます。

味付きの香ばしい赤牛と新鮮なお野菜とご飯が、上品なバター醤油で見事にマッチ。

ちぃ

素材の味が美味しくて、さっぱりヘルシー!

こってり系が多い阿蘇の「あか牛丼」と比べて、お野菜たっぷりでヘルシーなので、女子におすすめ。

カフェ ティアンティアン ランチ

つづいて、食後のコーヒーとデザート。

マイルドで酸味も苦味もなく、ストレートで美味しいコーヒーです。

旧女学校 ティアンティアン ランチ

パンナコッタは、ラム酒?ブランデー?洋酒がよくきいています。

てんさい糖やメープルシロップなど、お砂糖にもこだわっておられるだけあって、今までに食べたことのない素朴な優しい味のパンナコッタでした。

ティータイムメニュー(14:30-17:00)

14:30〜はティータイムです。

TIEN TIEN のティータイムメニュー

ケーキセット ・・・ 1,000円

ケーキ1つ & コーヒーか紅茶(hot・ice)

ケーキの種類 クレームブリュレ・ア・ラ・フランボワーズ
かぼちゃのチーズケーキ
フルーツのタルト

ドリンク

オリジナルブレンドコーヒー(hot・ice) 550円
カフェオレ(hot・ice) 600円
豆乳カフェオレ(hot・ice) 600円
エスプレッソ(hot・ice) 500円
カプチーノ(hot・ice) 600円
アールグレイティー(hot・ice) 550円
ショコラ(hot・ice) 650円
シトロネード・ア・ラ・マント 600円
りんごジュース(フランス産オーガニック) 600円
ぶどうジュース(フランス産オーガニック) 600円
ミルク(小国ジャージー牛乳) 500円

※ 税別価格

コーヒーは、プラス50円でカフェオレに変更できます。

ラズベリーのクレームブリュレ & カフェオレ

旧女学校 カフェ ティアンティアン

セットのコーヒーを、小国ジャージー牛乳のカフェオレに変更してもらいました。

アイスコーヒーは、甘さすっきりの深煎りで、スイーツとよく合います。

クリームブリュレは・・・

ほろにがく、カリカリのカラメルの下に、甘く滑らかな舌触りのクリーム。

食べ進めるとラズベリーがごろごろ。

甘さ控えめのクリームに、ラズベリーの酸味が加わって、自然な甘さが引き立ちます。

フルーツのタルト & コーヒー

ティアンティアンのケーキセット

趣のあるアンティークなガラスのコーヒーカップ。

ちぃ

深煎りだけど、苦味も酸味もなくてマイルドなコーヒーだよ。

光でコーヒーが透けて、よりフォトジェニック。

カフェ ティアンティアン タルト

甘くて、硬めのいちごがたっぷりのタルト。

タルトの材料は、なんと、植物由来のオーガニック食材のみ。

動物性の原料、例えば、卵、バター、牛乳、ゼラチンの代わりに、

グレープシードオイル、豆乳、葛粉くずこ、寒天などを使い、お砂糖も体にいいものを使用されています。

ちぃ

おっきいけど、自然な甘さで、スーッと入っちゃう。

お腹いっぱいだけど、体に良い材料だからか、どっかりくることもなく、元気になった気がします(笑)

ランチもデザートもコーヒーも美味しくて大満足。

アクセス・駐車場・トイレ

Tien Tien は、阿蘇神社から車で1分です。

旧女学校跡 ティアンティアン アクセス

阿蘇神社前の県道110号線を道なりに左カーブすると、小さな川の手前に「旧女学校跡」のサインが出ています。

案内どおり右へ。

旧女学校跡 tientien

右折して50mほどのところが、旧女学校跡です。

駐車場はもう少し先。

旧女学校跡 ティアンティアン 駐車場

入り口が意外と狭いので、ご注意ください。

旧女学校跡 駐車場 tientien

旧女学校跡の共同駐車場(約20台)になります。

この写真は、雨の日曜日(12:30頃)に撮ったものですが、満車に近い感じでした。

土日祝など混雑時は、阿蘇神社第2駐車場に停めるといいかもしれません。

阿蘇神社第2駐車場

阿蘇神社の隣にある第2駐車場。Tien Tien まで徒歩5分です。

阿蘇神社第二駐車場 時間

たまに祭事で駐車できない時もありますが、9:00-16:30までは無料で停められます。

ここも満車なら、未舗装ですが阿蘇神社第3駐車場へ。

阿蘇神社第3駐車場 阿蘇門前町商店街

阿蘇神社入口交差点前にあります。ここも無料です。

Tien Tien まで徒歩7〜8分で行けます。

旧女学校跡 トイレ

トイレは、Tien Tienの右隣。

旧女学校跡の共同トイレになります。

行く前に読んでね

  • 予約優先。特に土日祝は予約を!
  • 5名以上は別席でのご案内。(コロナ対策)

平日14:00頃でもお客さんが多かったので、予約がおすすめです。

特に遠方から来られる方は、念のため、当日確認を!

Tien Tien のホームページInstagramFacebook

まとめ

旧女学校跡 ティアンティアン 阿蘇 おしゃれ カフェ

カフェの他にも、Tien Tien さんは、いろんなことに挑戦しておられます。例えば、


ケータリングサービス

お野菜中心のお料理7品〜…4,500円+税〜

Angel Flower Work の装花込みの場合

…別途5,000円+税〜

お料理教室

レッスン代…4,000円+税〜

日時…不定期

開催予定は、Tien Tien のホームページ、Instagram、Facebookにて告知


などなど。

人と人との温かいつながりを大切にされているオーナーさんだからこそ、Cafe Tien Tien は、自然と人が集まってくる憩いの場所なのでしょうね。

一日中のんびりしたくなる、阿蘇を五感で体感できる場所。

旧女学校跡、Cafe Tien Tien で、癒しのひとときをいかがでしょう。

Cafe Tien Tien(ティアンティアン)
住所 熊本県阿蘇市一の宮町宮地3204
TEL 080-6406-8133
営業時間 ランチ:11:30〜14:30
ティー:14:30〜17:00(L.O.17:00)
定休日 (水)(木)
駐車場 約20台
予算 ランチ 1,800円〜/人
ティータイム 1,000円〜/人
予約
支払OK クレジット
URL 公式サイト食べログInstagram

この記事の内容は、2021年3月時点の情報です。

あくまでも個人の感想ですので、ご参考までに。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。