【狩尾の扇】雪の日もなかなか!草原アート。阿蘇の伝統《扇切り》

狩尾の扇 阿蘇

例年8月上旬から現れる、草原アート「狩尾の扇」。

翌年の野焼き(春)まで、阿蘇市のあちこちから見ることができます。

この記事では、狩尾の扇についてご紹介します。

ちぃ

はじめまして。阿蘇在住、
林業ときどき農業主婦の
ガイド兼ライターのちぃ です!

目次をクリックすると、見たいところへジャンプできます。

狩尾の扇について

読み方:かりおのおうぎ

阿蘇の伝統「扇切り」とは?

狩尾の扇 阿蘇

毎年8月はじめに行われる、阿蘇の伝統行事「扇切り」。

外輪山の上に、巨大な扇が現れます。

※ 狩尾区の通称「扇平」というところ。

大きさは、幅70メートル × 縦50メートル。

「扇」の由来
田畑の害虫を風で払う・牛馬の安全を願う・五穀豊穣

狩尾の扇 阿蘇

緑の草原の時はこんな感じ。

毎年夏の暑い時期に、地元の方々が、立っているのもやっとな急斜面に登り、扇の形を作ってくれています。

不安定な足場で刈り払い機を使う、命懸けの作業です。

※ 傾斜約45〜60度

ちぃ

地元の方々、
ありがとうございます!

狩尾の扇 阿蘇

「狩尾の扇」専用のスポット・駐車場などはないので、

各自、安全・マナーに配慮して、見えるところから楽しみましょう。

狩尾の扇

毎年8月の盆前になると、

阿蘇市狩尾の北外輪山の原野にある、

通称「扇平おうぎびら」の斜面に幅約70メートル、

縦約50メートルの巨大な扇が浮かび上がる。

巨大な扇づくりは、地元に残る資料によると、

明治時代末期から行われたというが、由来は不明である。

戦時中〜昭和40年代にかけて、

牛馬の資料や海苔ミスに使用するたけきりの為一時中断したが、

昭和52年頃に狩尾集落内一里山隣保班が復活させた。

平成6年より若者の減少を理由に

狩尾3区全体で「扇切り」を行うようになり、

さらに平成9年より阿蘇市狩尾3区有志によって

「扇保存会」を立ち上げ、扇切りを継承している。

扇の形には、「田畑の害虫を風で払う」、

「牛馬の安全を願う」、五穀豊穣という意味がある。

昔は農薬がない時代だったため、害虫が発生した際、

扇で追い払ったと伝えられていることに由来する。

毎年盆前に、傾斜約45〜60度の急斜面に扇を描く。

扇保存会およそ15人が、多大な努力によって伝統を守っている。

夏には、緑鮮やかな扇を見ることができ、

冬の積雪時には雪景色につつまれ、真っ白な扇を見ることができる。

この扇は8月下旬より翌3月上旬の野焼きが行われる来春まで鑑賞が可能である。

見頃:8月〜3月・雪の日

狩尾の扇 阿蘇

「扇切り」は、例年8月上旬から翌年の春(野焼き)まで見ることができます。

狩尾の扇切り 阿蘇

ちぃ

緑もいいけど、
白もいいね!

真っ白の扇は、道の駅阿蘇あたりからでも、肉眼で見えますヨ。

探してみて♪

アクセス・駐車場

狩尾の扇 阿蘇

「狩尾の扇」専用のスポット・駐車場はありません。

路駐する時はマナーを守って、安全な場所でお願いします。

まとめ

狩尾の扇切り 阿蘇

以上、「狩尾の扇」をご紹介しました。

例年8月から翌年の野焼きまで楽しめる、阿蘇の草原アートです。

ちぃ

雪の日に見れたらラッキー♪

ドライブついでに眺めてみてはいかがでしょう。

狩尾の扇
住所 熊本県阿蘇市狩尾
TEL 阿蘇市観光課:0967-22-3174
見頃 例年8月上旬〜翌年春
駐車場 特になし

この記事の内容は、2022年12月時点の情報です。

あくまでも個人の感想ですので、ご参考までに。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

19 − 9 =