【2022マゼノ渓谷】行く時の注意点まとめ。一般公開は春と秋だけの秘密の紅葉スポット|南小国

マゼノ渓谷 紅葉の見頃

2022春の一般公開
2022年4/29(金)〜5/8(日)のゴールデンウィーク中に一般公開。雨による川の増水時は前触れなく休み。

インスタ映えする阿蘇の紅葉(新緑)スポットとして、ここ数年、人気のマゼノ渓谷。

地元ライターとしても、声を大にしておすすめしたい絶景スポットなのですが、”秘密の渓谷”として有名になったあまり、意外な盲点も…。

まずは、マゼノ渓谷の場所について。

Googleマップでは道路(マゼノミステリーロード)沿いになっていますが・・・

実際は、Googleマップにも載っていない牧場内のデコボコ砂利道を、行き帰り10分ほど運転します。

次に、マゼノ渓谷の歩き方について。

実は、駐車場から、”マゼノ滝”までは15分の山登りです!

マゼノ渓谷は山奥の秘境なので携帯は圏外だし、それなりの服装や靴が必要。

マゼノ渓谷は、気軽に寄れる整備された観光地ではありません。

この記事では、マゼノ渓谷の絶景スポットと合わせて、特に初めて行く方にとっての知っ得情報をまとめています。

ちぃ

はじめまして。阿蘇在住、
林業ときどき農業主婦の
牧野ガイドのライター ちぃ です!

マゼノ渓谷について

よみかた:まぜのけいこく

どんなところ?

マゼノ渓谷 紅葉と滝

  • 阿蘇市から車で約30分!
  • 新緑と紅葉と滝の名所!
  • 入場料:一人200円
  • 2022年春の一般開放:4/29(金)〜5/8(日)
  • 営業時間:8:00〜15:45最終入場
  • ペット同伴OK!犬のお散歩も◎!
  • 駐車場・簡易トイレあり
MEMO
服装は山登りスタイルで!意外と浅瀬が多いので川歩きしたい方は長靴も!
マゼノ渓谷MAP アクセス

マゼノ渓谷内の地図

マゼノ渓谷内のマップには遊歩道と書いてありますが、実は山道に近いかも。

そして、マゼノミステリーロードから駐車場までの行き帰りも、未舗装のガタゴト道です。

見頃:春と秋の一般開放と営業時間

マゼノ渓谷 アクセス

マゼノ渓谷

赤牛が放牧されている牧場の中にある、マゼノ渓谷。

漢字で書くと、間瀬野まぜのです。

普段は立ち入ることができない、手付かずの自然のままの渓谷。

マゼノ渓谷は年に2回、春の新緑シーズンと秋の紅葉シーズンに一般開放されています。

日時は毎年変わるので、見頃の時に行くというよりも、一般開放された時に行くという感じ。

マゼノ渓谷2022年春の一般開放

期間:2022年4/29(金)〜5/8(日)

営業時間:8:00〜15:45最終入場

奥のマゼノ滝までは往復するだけで30分ほどかかるため、最終入場は15:45までです。

ちぃ

17時にゲート施錠!
ご注意ください!
たまに突然のお休み
南小国町観光協会に当日の営業を確認して行ったのに、マゼノ渓谷がお休みだった時があります。大雨による川の増水など、牧野の判断で急にお休みになる時がありますので、ご了承ください。

場所・アクセス

マゼノ渓谷 行き方

マゼノ渓谷は、国道212号のこの交差点を左折です。

マゼノミステリーロードへは、現在、国道212号からしか行くことができません。

注意
ミルクロード(県道12号)側からは、通行止め。

マゼノ渓谷 アクセス

立て看板がいろいろ出ていますが、国道212号からは、マゼノ渓谷、押戸石の丘まではちゃんと行けます。

マゼノ渓谷 行き方

マゼノミステリーロードを7分ほど走ると、通行止めに突き当たります。

Googleマップでは、この場所をマゼノ渓谷として案内しますが、実はここはマゼノ渓谷の入り口。

ここからGoogleマップにも認識されていない道を通り、さらに奥へ進みます。

熊本ICから約1時間。
大観峰から約15分。
道の駅小国から約20分。

注意!一方通行のデコボコ砂利道を10分弱!

マゼノ渓谷 アクセス

こういう一方通行の細い砂利道を通って、駐車場へ向かいます。

この写真の道はまだいいほうで、実は、凸凹でこぼこあり、段差あり、狭い上にカーブで坂道。

ちぃ

自家用車でも行けるけど、
本当は軽トラか四駆が一番!

行きは駐車場までわりと近いけど、帰りは別ルートのガタゴト道を5分以上、運転します。

マゼノ渓谷 紅葉と滝

道は悪いけど、受付手前からすでにこんな絶景。

細いデコボコ道の運転に慣れていない方や、車高の低い車、大切な愛車で来られている方はご注意ください。

受付:入場料一人200円

マゼノ渓谷 入場料一人200円

マゼノ渓谷の入場料は一人200円・駐車場代は無料です。

車の窓越しにお金のやり取りをするので、車は降りなくてOK!

マゼノ渓谷 阿蘇・南小国

入場券はこれ!黒川温泉の入湯手形みたいで、いい記念になりますね。

駐車場代はタダ!

マゼノ渓谷 アクセスと駐車場

受付を過ぎると、すぐに広い駐車場があります。

一方通行のため、帰り道は別ルートです。

写真矢印のほう、案内に沿って、徐行運転でお帰りください。

マゼノ渓谷 アクセスと駐車場

駐車場はL字型になっていて、奥のほうにも停められます。

簡易トイレは2箇所!

マゼノ渓谷 一般開放

簡易トイレは2箇所あります。

駐車場入り口と、渓谷入り口にもひとつずつ。

※ 手洗い用に、蛇口付きのポリタンクが設置。

山歩き用の杖もちゃんと準備されています。

最初の見どころ:ここまでならバリアフリー!

マゼノ渓谷 紅葉(新緑)の一般開放

それでは、早速、マゼノ渓谷トレッキングスタート!

渓谷入り口からすぐ、木製の小さな橋があります。

ここは、360度ぐるりと見渡せる、最初の絶景ポイント。

マゼノ渓谷 アクセス

後ろを向くと、下流側の景色もきれいです。

紅葉の時はこんな感じ。

この最初の橋辺りまでなら、わりと平地(バリアフリー)なので、年配の方や車椅子・ベビーカーでも来やすいかもしれません。

ここから先は急坂も!滝まで山道15分!

マゼノ渓谷 一般開放

さて、ここから先は山登り。

マゼノ渓谷のいちばんの見どころ、マゼノ滝まで500mです。

マゼノ渓谷 紅葉と滝

時間にして約15分。

足腰には自信があるほうだけど、けっこうハード。

南小国町 マゼノ渓谷の紅葉(新緑) 

途中のベンチで休憩しながら登る人も多いです。

マゼノ渓谷 紅葉(新緑)の見頃

道はきついけど、途中の景色もきれい。

マゼノ渓谷 一般開放

実はマゼノ滝は、上からも下からも滝を眺めることができます。

とりあえず、下ってみましょう。

マゼノ渓谷 マゼノ滝

どちらからも川辺に降りれますが、左の道のほうが階段で降りやすいかも。

マゼノ渓谷 紅葉の見頃

一応、階段ですが、コケだらけの岩が多いので、下りた後も足元にはご用心!

マゼノ滝:マゼノ渓谷いちばんの絶景ポイント

マゼノ渓谷 マゼノ滝と紅葉

さぁ、到着しました、マゼノ滝。

これは過去の紅葉の写真ですが、頑張って登ってきた甲斐があり、下から見上げるマゼノ滝は圧巻です。

マゼノ渓谷 一般開放

これは2021年10月23日の写真。

ちょうど滝の真上あたりに陽が沈むので、夕方行くと、光が”シャーッ”っとなってる写真を撮れますよ♫

逆に、朝8時の開園後に直でマゼノ滝に行くと、コントラストを抑えつつ、滝だけの写真を撮れます。

MEMO
見頃の時は人が多いので、写真を撮るなら、朝一番か夕方遅くがおすすめ!

時間と体力に余裕がある方は、さっきの別れ道に戻って、滝の上流にも行ってみてね!

ちぃ

上流は平地で歩きやすいよ!

沢登りもOK!長靴とゴム手袋は必須!

マゼノ渓谷 沢登り

沢登り(沢歩き)も楽しめる、マゼノ渓谷。

沢登りで、マゼノ滝まで行って帰ってくることができます。

ちぃ

長靴とゴム手袋は必須!

難所もあったけど、女性でも両手使えば登れます。

マゼノ渓谷 一般開放 紅葉

ただ、長靴より水深が深いところや、コケで滑りやすい岩がとても多いので、足元にはよく注意してね!!!

マゼノ渓谷 滝と紅葉 一般開放

倒木や名もなき小さな滝を発見できるのは、沢登りならではの醍醐味。

おにぎり持って”マゼノ渓谷1日満喫”なんてのも、個人的にとてもおすすめです。

春の新緑もきれい!

マゼノ渓谷 紅葉(新緑)と滝

マゼノ渓谷は、春の新緑の時期もおすすめ。

マゼノ渓谷 マゼノ滝と紅葉(新緑)

マゼノ滝も青々しくてきれいです。

まとめ

マゼノ渓谷 紅葉(深緑)の見頃

春と秋に一般開放される絶景スポット、マゼノ渓谷。

滝(川)と新緑・紅葉のコラボは、本当にここならではの独特の景色です。

沢歩きで、コケや倒木や名もなき滝を1日中見て回るという上級者コースもおすすめ。

行く時は、登山スタイルと長靴をお忘れなく!

Googleマップが案内するのはマゼノ渓谷の入り口で、実はそこから先、細いガタゴト道をしばらく車で走ります。

ちぃ

携帯の電波は入らないよ!

ぜひ、もっとたくさんの人に、ここ、マゼノ渓谷の美しさを見て感動してほしいなぁ♫

いろいろとマイナスポイントばかり書きましたが、初めて行く方でもマゼノ渓谷を満喫できるよう、この記事がお役に立てましたら嬉しい限りです。


近くの紅葉スポットはこちら

下城の大イチョウの紅葉と滝【下城の大イチョウ】熊本県で最大・樹齢1,000年の大銀杏!ライトアップされる紅葉は圧巻!
マゼノ渓谷
住所 熊本県阿蘇郡南小国町中原
TEL 小国町役場 情報課 商工観光係:
0967-46-2113
南小国町観光協会:
0967-42-1444
入場料 200円/人(現金のみ)・ペットOK
一般開放 春(新緑)と秋(紅葉)の年2回:
2022年4/29(金)〜5/8(日)
8:00〜15:45最終入
雨による川の増水時は休み
駐車場 数十台(無料)
トイレ 簡易トイレ・手洗い場あり
WEB 南小国町観光協会

この記事の内容は2021年10月時点の情報(紅葉の写真は過去のもの)になります。

あくまでも個人の感想ですので、ご参考までに。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。