【かんざらしの店 結】校長室が甘味処⁈教室で湧水そうめん流し⁈|旧女学校跡1号店・阿蘇市

かんざらしの店「結」 旧女学校跡

阿蘇市、旧女学校跡にある、かんざらしの店「結」。

旧女学校時代の校長室と教室がそのままお店になっていて、

家の中なのに、湧水でそうめん流しができる、すごいところです!

ちぃ

はじめまして。阿蘇在住、
林業ときどき農業主婦の
ガイド兼ライターの ちぃ です!

この記事では、旧女学校跡、かんざらしの店「結」についてご紹介します。

かんざらしの店「結」について

よみかた:ゆい

どんなお店?

旧女学校跡 かんざらしの店「結」

阿蘇神社から徒歩5分のところにある、かんざらしのお店「結」。

甘味処でもあり、阿蘇唯一のそうめん流し処でもあり。

※ 営業時間:10:00〜18:00(冬〜17:00)・(水)定休

※ 店の前に階段数段あり

”旧女学校跡”には、現在、「結」も含めて6軒のお店があって、隠れ家スポットとして人気ですが、

もともと、「結」のオーナーさんご夫婦が、廃屋だった旧女学校跡を、買い取ってお店を始めたのが、

今の”旧女学校跡”の始まりだそうです。

旧女学校跡とは?
1902年(明治35年)に開校した阿蘇で初めての女学校「私立宮地裁縫女学院」。閉校1977年までに通った生徒は5000人以上。豊肥本線が開通した1928年(昭和3年)まで、険しい山道を片道2時間以上かけて通学していた生徒もいたそうです。

かんざらしの店「結」 湧水

「結」の店内は、もともと、女学校時代の”教室”だったという、広い土間。

ちぃ

黒板がいい感じ!

※ 靴のまま入店。屋根はあるけど”外”なので冬は寒い。

庭先も店内も、あちこちから湧水が湧き出ていて、ビックリ!

家の中?を湧水が流れまくる光景は、私ちぃも初めてです。

寒ざらし 結 阿蘇

ひやは、湧水を直接コップにみます。

湧水の水温は通年13.5℃なので、冬は温かく感じます。

かんざらしの店「結」 旧女学校跡

湧水で冷やしてあるサイダーも美味しそう。

旧女学校跡 かんざらしの店

奥にはお座敷もあるので、寒い日はこたつで食べるのもいいですね。

かんざらし・黒みつ(きなこ付)

かんざらしの店「結」 ぜんざい にゅうめん

早速、かんざらし(きなこ付きの黒みつ)を注文。

※ 生姜味の白みつもあり。

ちぃ

ん〜、もっちもちの
トゥルントゥルン♪

クリアですっきりした味は、湧水だからでしょうか…。

緑の白玉の正体は、なんと、クレソン!

付け合わせも、クレソンのポン酢和えもめっちゃ美味しい。

※ 夏は、付け合わせはトマトに変わります。

MEMO
湧水がわき出る「結」さんのお店周りには、クレソンが自生。苦手な人でも食べれるくらい、爽やかで美味しいクレソンです!

ぜんざい

かんざらしの店「結」 ぜんざい

お次は、ぜんざい。栗と白玉入りです。

ちぃ

ん〜、美味しい。

ちょうどいい甘さで、おばあちゃんの味。

箸休めに、クレソンのポン酢和えがクセになります。

※ 夏はトマト

湧水そうめん流し(通年)

そうめん流し 結 阿蘇

「結」さんのいちばん人気、そうめん流し!

※ 特に夏の土日祝は混み合います。

本物の竹の流し台に、湧水に、とても風情があります。

流しそうめん 阿蘇 結

おそうめんはもちろん、薬味も美味しいです。

取りこぼしたお素麺は、最後に回収してくれるので、食べれます。

阿蘇あか牛にゅうめん

阿蘇あか牛にゅうめん クレソン

クレソン、ネギ、かまぼこ入り。

阿蘇あか牛にゅうめんも美味しいです。

ちぃ

うわ、あか牛のお出汁が
体中に染みる・・・。

上品だけど、しっかりしたあか牛のお出汁。

700円とお手頃価格でお肉いっぱい入っているし、あか牛を食べれる、おすすめの一杯です。

メニュー・料金・支払方法

かんざらしの店「結」 メニューと料金

「結」の代表的なメニュー(税込価格)はこちらです。

お支払いは、現金のみ。

メニュー 料金
かんざらし・黒みつ(きなこ付) 500円
かんざらし・白みつ(しょうが蜜)
ぜんざい(栗・白玉入り) 600円
湧水そうめん流し(夏) 700円
阿蘇あか牛にゅうめん(冬)
天然わさび 100円
ビール(ハイネケン) 400円
ノンアルコールビール
天然サイダー(プレーン・しそ) 250円

クレソンそうめん・クレソンパスタ

阿蘇 クレソンそうめん

お土産にぜひおすすめなのが、全国でも珍しい”クレソンそうめん”(500円)。

ちぃ

パスタもあるよ!

旧女学校跡 クレソンそうめん

実店舗以外では、ネットショップで買えます。

参考 手延クレソンそうめんASOMO(アソモ)

阿蘇古美術「古和」も併設!

旧女学校跡 かんざらし

「結」の店内には、阿蘇古美術「古和こわ」という骨董品こっとうひん屋さんもあります。

旧女学校時代、昔の校長室として使われていたお部屋だそうです。

寒ざらし 結 阿蘇

お気に入りのお宝を探してみてはいかがでしょう?

アクセス・駐車場・トイレ

かんざらしの店「結」は、旧女学校跡にあります。

阿蘇神社から徒歩5分ほどの距離です。

熊本ICから約55分。
JR 宮地駅から徒歩20分。

旧女学校跡 場所・行き方

阿蘇神社の前の通り、県道110号線から曲がります。

寒ざらしの店「結」 アクセスと駐車場

曲がって50mくらいのところに、旧女学校後の共同駐車場があります。

入口は狭いですが、

かんざらしの店「結」 行き方・駐車場

約20台は停めれる広さの砂利駐車場があります。

近いので、阿蘇神社周辺の駐車場から歩いて来ることもできます。

旧女学校跡 トイレ

共同トイレは、駐車場側から見ると、右手前の建物。

カフェTien Tienの右隣です。

まとめ

かんざらしの店「結」 阿蘇

以上、旧女学校跡、かんざらしのお店「結」と「古和」のご紹介でした。

ちぃ

家の中から湧水!?!?

昔は、校長室と教室だったという、ステキな建物で、美味しい寒ざらしと、そうめん流しはいかがでしょう?


旧女学校跡の他のお店についてはこちら

【阿蘇・旧女学校跡】アクセス・駐車場・お店のまとめ:レトロなお店が立ち並ぶ隠れ家エリア
かんざらしの店「結」
住所 熊本県阿蘇市一の宮町宮地3204
TEL 0967-22-5488
営業時間 10:00〜18:00(水曜定休)
冬は17:00頃まで。
駐車場 約20台
支払OK 現金のみ
WEB 食べログ

この記事の内容は、2022年1月時点の情報です。

あくまでも個人の感想ですので、ご参考までに。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

14 + 8 =